既存住宅現況調査 (ホームインスペクション)

ホームインスペクション

ホームインスペクション

既存住宅現況調査(ホームインスペクション)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士、建築士)が第三者的な立場から、欠陥の有無や補修すべき箇所を、また専門家の見地から、住宅の劣化状況・損傷・欠陥補修時期・概算費用・改修箇所などを報告・アドバイスする専門業務です。
住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。

安全!安心!な≪現況建物の健康診断≫

中古住宅・一般住宅の所有者

1234
*住んでいる住宅の耐震性能を知りたい
*耐震改修を併せリフォームを検討したい。又その改修費用も知りたい。
*増改築・改修・改装工事を検討中だが現況の建物状況が知りたい。
*現在生活上 不具合・不安が生じている箇所がある。

中古住宅をこれから購入する方

1234
*専門家(建築士)の知識・経験に基づく 買い手側の立場でみた建物現況の報告・アドバイスを受けられるい
*建物各部位の現況調査、チェックをすることで安心感が増す。
*購入物件の改修改装箇所、その略工事費用が判明する。
*他物件との購入条件の比較検討、メリット・デメリット等の判断ができる。

所有中古住宅をこれから売りに出す方

12
*建物について現況現状の問題点、価値等を知り、売却を検討したい。
*引渡し後、建物に問題が発生しないか所有者として心配。

不動産業者の方

123
*専門家の調査物件により買主の安心感、信頼を得ることができる。
*一般の不動産会社が敬遠しがちな物件調査をすることで、他社との差別化を図ることができる。
*売買後のトラブルリスクを軽減できる。

業務のながれ

流れ